top of page
  • 執筆者の写真LSD-KOBE

焼肉店や焼鳥店や中華料理店の排気計画

更新日:2023年9月12日

焼肉店や焼鳥店や中華料理店の排気計画のような重飲食の排気計画は、焼肉店/焼鳥店/中華料理で発生する調理や焼き物の排気を効果的に処理し、建物内外に臭いや有害物質が拡散しないようにするために立てられる計画です。排気計画を立てる際には、建物の構造や規制、環境に配慮した設計が重要です。以下に一般的な考慮点を挙げてみます:

  1. 技術選定: 飲食店の種類や調理方法に応じて、適切な排気システムを選定します。排気フードやダクトの設置や、換気扇の選定などが含まれます。

  2. 施設の配置: 調理場や焼き場をどこに設置するかを決定し、排気システムの効果的な配置を計画します。調理設備の位置が排気効率に大きな影響を与えることがあります。

  3. 環境への影響: 周辺環境への影響を最小限に抑えるために、風向きや風速、建物の配置などを考慮して、排気の位置や高さを決定します。

  4. 規制と許認可: 地域の建築基準や保健局の規制を確認し、排気システムの設計と設置に必要な許認可を取得します。

  5. フィルターとクリーニング: 排気に含まれる油や汚れを除去するためのフィルターやクリーニングシステムを導入します。これにより排気システムの効率を向上させ、火災リスクを低減します。

  6. 定期的なメンテナンス: 排気システムは定期的な点検とメンテナンスが必要です。フィルターの清掃やダクトのクリーニングを定期的に行い、システムの効果を保つことが重要です。

  7. 消防対策: 火災が発生した場合の対策として、火災報知機や自動消火装置を設置し、従業員への適切なトレーニングを行います。

これらの要素を総合的に考慮し、飲食店の特性や環境に適した排気計画を立てることで、快適な店内環境を提供し、地域との調和を図ることができます。


Comments


bottom of page